ED関連記事記事一覧

ペニスの健全な働きが喪失する現象の事を、一般的にED(勃起不全)と総称します。厳密な定義付けは無く、セックス自体は可能にも関わらず著しく勃起力が低下した状態もそれに該当しますし、反対にセックスが全く出来ない程、性機能が喪失した場合も同じ呼び名で呼ばれています。風邪等と同様に、要するに同じ病名でも個人によって千差万別という事です。実際に症状は十人十色ですし、軽い方もいれば重い症状に苦しむ人々もいます...

ED(勃起不全)は、インポテンツとも呼ばれることがあります。男性の生殖機能を司るその部分に、性交渉のときに必要な勃起が起きなくなることを指します。勃起ができなくなることで、性交渉ができなくなるばかりか長引くことで精神的なダメージを受けてしまうこともあります。男性にとって勃起不全は、大きな苦痛の原因として考えがちです。腟内射精障害と呼ばれる状態もEDの一種に含む場合もあります。膣内射精障害とは勃起し...

ED(勃起不全)の症状は大きく3つに分かれます。たまに勃起できないという軽度の場合・勃起が十分ではなく、少なくない頻度で性交が行えないという中程度の場合・完全に勃起できないので性交が全くできないという重程度の場合の3つです。3つの症状の原因は4つの原因のどれかから生じています。機能性(心因性)勃起障害・器質性勃起障害・混合性勃起障害・薬剤性勃起障害の4つです。機能性勃起障害の場合には、解剖学的に勃...

ED(勃起不全)の原因には、いくつか考えられます。一つは老化によるものです。加齢に伴い、体の機能が衰えてきます。そのため、勃起やその持続力も低下する場合もあると考えられているためです。また、年齢が高齢でないにも関わらず、ED(勃起不全)の症状に悩まされる場合には、生活習慣やその他の原因も考えられます。生活習慣が乱れたり、食生活をしっかりとせずに、偏食や暴飲暴食をしている場合、また、多量の飲酒や喫煙...

ED(勃起不全)は、高齢男性がなるイメージがあります。確かに、高齢になればなるほど血液や神経などの疾患が増えるので、それに伴って勃起が起きにくい状態になっていきます。しかし、ED(勃起不全)に悩んでいるのは日本人の25%とも言われていて、その中には20〜30代の若い男性も含まれています。人には相談しにくい内容なので、潜在的な人数はもっと増えるかもしれません。そもそもED(勃起不全)とは、完全に勃起...

現在日本において滞在的な患者数が1130万人にも上るというED(勃起不全)は、今や一般的な病気として認識されています。勃起障害や勃起不全と訳されるED(勃起不全)は、勃起しない状態や勃起状態を維持できず満足に性行為ができない状態を言います。また、性行為の満足度が低い場合が3ヶ月以上続くと診断されます。日本人でも身近な症状となっているED(勃起不全)は加齢とともに有病率は増加し、40歳前半で20%を...

国民の医療費が近年急激に高騰しています。その原因は主に2点あります。一つ目の理由ですが、高齢化が原因です。人口の多くが高齢者となったため、病院で診察や薬の処方を受ける国民の数自体が急激に増加しました。また日本国内の長寿化も関連しており、それ自体は良い事なのですが、平均寿命が延びた結果として医療のお世話になる期間も増えるため、医療費の観点からは負担増となります。二つ目の理由ですが、医薬品の定価自体が...

ED治療薬とサプリメントは外見的に似ている部分が多いです。有り体に言えば、ほとんど同じような形をしているため、外見だけで見分けるのは困難かもしれません。両者とも特殊な成分がカプセルまたは錠剤に詰められており、効率よく人体に吸収される仕組みです。色やデザイン、粒の大きさや形などはメーカーによってバラバラですので、涙型をしているものは医薬品、緑色の錠剤は健康補助食品、といった具合にビジュアル的な要素だ...

成人男性の心身を苦しめる体調不良と言えば、やはりED(勃起不全)です。性機能が失われると、男性としてのプライドが粉々に砕けてしまいます。マスターベーションやセックス、そして子作り等の、成人男性の特権が全て一度に喪失します。勃起力が喪失したからといって、同時に性欲が無くなるわけではありません。老化による男性機能の減退であれば、同時に性欲の方も喪失しますので、言わば前向きに体調の変化が受け止められます...

高齢になるとED(勃起不全)になる方も増えてきます。男性の場合、ある程度の年齢になると、更年期障害になるため、精神的ストレスによるうつ状態やイライラしてしまったり、集中力が続かないこともあります。これは、年齢的に考えて仕事などで、それなりに責任ある立場にたっていることなども、かなりのストレスとなり、精神的にやや不安定な状態になりやすいのも原因と考えられています。また、体に関しても更年期障害として、...

AGA治療の方法として飲み薬を服用するやり方があるのですが、この治療薬には副作用が起こる可能性があるという短所があります。そして代表的な副作用としてED(勃起不全)があります。ですから薄毛治療の開始に伴い、しばらくしてから男性機能が不能になってしまうこともありますし、利用する際には注意しなければいけないと言えるでしょう。なお発症する確率としては高いものではありません。1〜2%程度とも言われています...

AGAの治療薬として頻繁に使われているミノキシジルに、ED(勃起不全)の副作用があると一部の口コミが存在します。この口コミは全くの誤りですので、真に受けないようにしてください。ミノキシジルは血管を拡張する作用を持っています。ED(勃起不全)は血流が滞ることで発症する例が見られることから、この症状に対する悪影響が及ぼされる可能性などまずないといってよいレベルです。性欲減退のような副作用もないため、安...

AGAは男性だけでなく女性にとっても深刻な悩みの一つであることは確かと言えます。AGA改善法は様々なことがありますが、その中でもAGAによる進行を食い止める効果がある発毛薬としてプロペシアがあります。プロペシアは、フィナステリドを有効成分とする薬でありもともとは前立腺肥大の治療薬として開発されたものですが、AGAを食い止めるのに効果があることがわかりAGAに有効な発毛薬として使用されるようになった...

男性にとってED(勃起不全)は非常に深刻な問題であり、人によっては自分の存在意義が左右されるくらいに悩んでいしまう人も少なくありません。ED(勃起不全)を気にするあまりにうつ状態に発展してしまう人もいれば自分の悩みをうまく伝えられずだれにも心を開けず内にこもってしまう場合もあります。男性にとって生理や更年期障害の悩みが理解できないように、女性にED(勃起不全)の悩みを理解するのは難しいことと言える...