EDの原因は?

ペニスの健全な働きが喪失する現象の事を、一般的にED(勃起不全)と総称します。
厳密な定義付けは無く、セックス自体は可能にも関わらず著しく勃起力が低下した状態もそれに該当しますし、反対にセックスが全く出来ない程、性機能が喪失した場合も同じ呼び名で呼ばれています。
風邪等と同様に、要するに同じ病名でも個人によって千差万別という事です。実際に症状は十人十色ですし、軽い方もいれば重い症状に苦しむ人々もいます。
なぜ、成人男性は突然、ペニスの機能を失ってしまうのか?その答えもまた個人個人によって異なるのが正しい回答です。
原因は個人によって、やはり千差万別になりますが、それでも研究とカウンセリングが進んだ結果、いくつかのパターンに区分されてきました。

 

まず原因として、挙げられるのが加齢の影響です。
男性ホルモンの値は20歳から25歳頃がピークだと言われており、その後は徐々に下り坂に転じていきます。
40代から50代になりますと丁度二十歳の頃と比較し、男性ホルモンの値が半減します。
性欲の有無とは関係なくペニスの正常な機能が喪失するリスクが高まります。最近は晩婚化が進んできているため、40歳から50歳で初婚、そして新婚生活、子作りの期間を迎える方々も多く、そこで初めてED(勃起不全)になっていた事に気づく方々もいます。
30歳の頃までならセックスが長期間ご無沙汰でも下半身の能力は減衰しませんが、40代を過ぎますと、ほんの僅かな期間、セックスやマスターベーションをしないだけで大幅に減退します。

 

第二の原因として考えられるのは、病気や怪我による影響です。
勃起を成功させるためには、血流が全身を隈なく健やかに駆け巡る必要があります。
高血圧やメタボリックシンドロームなどのリスクを抱えている方は血流の問題から、性的刺激を受けてもペニスが即座に勃起しなくなります。
またバイク事故やスポーツ時の怪我などで、下半身に大怪我を負った場合なども一時的に勃起力が大幅に喪失します。
それらの様子のは器質性ED(勃起不全)とも呼ばれ、加齢のものとは別扱いされます。
物理的に下半身の神経や血管が損傷しているため、まずは根本的な要因である怪我の治療に専念しなければ、セックス可能な下半身には戻りません。

 

そして最後の原因として考えられるのが、ストレスの悪影響です。
全ての病気はストレスが原因で引き起こされる、といった意見もある程、実は精神的な問題は男性の心身を蝕みます。
仕事のストレスや家庭環境による心労を抱え込んでいると、たとえ他の身体は元気だったとしても、丁度男性機能だけで心の問題で喪失する事があります。
ピンポイントで男性機能だけが喪失するため、より一層、その出来事が男性本人の心労を深くしてしまいます。
ただ、前者二つの原因とは違い、ストレス性のED(勃起不全)であれば、専門のED治療薬を飲む事で治療出来る可能性が高いです。
男性機能自体は健在であり、心労がその働きを鈍化させているのが心因性ED(勃起不全)ですので、治療のきっかけとなる医薬品さえ入手し、服用すれば直ちに治ります。

 

バイアグラでEDを改善しようと思ったがこっちの方が良かった件