男性更年期障害とED(勃起不全)の関係

高齢になるとED(勃起不全)になる方も増えてきます。男性の場合、ある程度の年齢になると、更年期障害になるため、精神的ストレスによるうつ状態やイライラしてしまったり、集中力が続かないこともあります。これは、年齢的に考えて仕事などで、それなりに責任ある立場にたっていることなども、かなりのストレスとなり、精神的にやや不安定な状態になりやすいのも原因と考えられています。
また、体に関しても更年期障害として、動悸や多量の汗、腰痛や頻尿、顔がほてったり、のぼせ状態になることもあります。そしてED(勃起不全)などの症状がでてしまったり、勃起などに関しても影響がでたり、性欲なども減退することもあります。
この状態を治療する場合でも、年齢などの関係上、ある程度の症状が仕方がない面もありますが、自身の生活環境などをしっかりと見直し、悪い生活習慣などを改善していくことで、ある程度状態をよくしていくことも期待できます。
生活習慣が乱れていることで、ホルモンバランスや自律神経の乱れがでることがあります。更年期の状態では、さらにその状態が顕著にでることもあるので、高齢だからと諦めずに、健康を意識した生活習慣を身に着けていきましょう。規則正しく生活し、睡眠をしっかりと取り、疲労が溜まらない生活を心がけましょう。また、高齢の場合には、あまり激しい運動は体にダメージとなってしまう場合もあるため、体にそれほど負担にならない軽めの運動を心がけるようにしましょう。ウォーキングや軽めのランニング、またストレッチなどをして、体をほぐしてみるのもいいでしょう。
また、ストレスなども適度に発散できるように、生活環境を改善していく事も大切です。仕事などでは、責任ある立場の場合も多く、かなりのストレスを日々抱えてしまう方もいるでしょう。仕事のストレスなどは、休日などをうまく利用して発散するようにしましょう。連休などがある場合には、家族で旅行にでかけてみるのもいいでしょう。仕事や日常生活から離れ、気分転換できるので、旅行をすることでストレスの発散にもつながるでしょう。また、自宅でのんびりと過ごすことも、精神的にも肉体的にもリラックスすることにつながります。これも疲労をとり、またある程度ストレスの解消につながります。このように、ストレスが溜まったら、ある程度解消する方法を自分で考え、適度に発散するように日々心がけていくことも、更年期障害やED(勃起不全)の対策につながります。
また、食生活に関してもしっかりと栄養のとれる食事をすることが大切です。体に必要な栄養が不足してしまうと、体調不良やその他にも体に対してさまざまな悪影響がでてしまうことがあります。そのような事態を回避するためにも、栄養バランスのとれた食事を心がけ、日々、栄養が不足しないようにしっかりとした食生活をしていくことが大切です。
ED(勃起不全)対策、更年期障害対策、また、自身の健康の維持のために、改善できる点はできるだけ改善していけるように、日頃から心がけて過ごすようにしましょう。

 

バイアグラでEDを改善しようと思ったがこっちの方が良かった件