男性のED、女性はどう向き合うべき?

男性にとってED(勃起不全)は非常に深刻な問題であり、人によっては自分の存在意義が左右されるくらいに悩んでいしまう人も少なくありません。

 

ED(勃起不全)を気にするあまりにうつ状態に発展してしまう人もいれば自分の悩みをうまく伝えられずだれにも心を開けず内にこもってしまう場合もあります。

 

男性にとって生理や更年期障害の悩みが理解できないように、女性にED(勃起不全)の悩みを理解するのは難しいことと言えるでしょう。

 

しかし、旦那さんやパートナーがED(勃起不全)に悩んでいるとしたら無視することはできませんしお互い気持ちがあって寄り添ったり結婚している以上女性側に全く関係のない話ということにならないでしょう。

 

理解できないむなしさから、返って男性側を責めてしまい仲がこじれてしまっても元子もありません。

 

そこで、男性に勃起不全の症状があった場合女性はどう向き合うべきなのかについて考えてみましょう。

 

まず、ED(勃起不全)における定義を考えてみますと、性的刺激を受けて性的興奮状態になったにもかかわらず男性機能が反応しない場合や、性行為を行うことができても最後まで射精できずに途中で中折れしてしまうという状態の場合にはEDである可能性が高いと言えます。

 

一口にEDと言っても実はいくつかの種類があり、それによって治療方法や改善方法も異なってきますのでまずは旦那さんあるいはパートナーがどんなことが原因によってEDを発症しているのかについて考えてみる必要があるのです。

 

ED(勃起不全)には、器質性ED、心因性ED、薬剤性EDの3種類があるとされており、器質性EDは生活習慣病や病気などによって勃起不全に陥っている状態のことを指します。

 

心因性EDは、セックスを行う際にうまくできるかどうかというプレッシャーから勃起不全になってしまうことで、薬剤性EDは薬の副作用によって男性機能が低下してうまく勃起しなくなる状況のことを指します。

 

どんなことが原因で勃起不全となっているかをはっきり聞くのは咎められると思われますが、何かしらの原因によって旦那さんあるいはパートナーが勃起不全となっている場合以前に比べてセックスを求めてこなくなったり避けるようになっているのであればED(勃起不全)になっている可能性が高いと言えます。

 

もし、この先子供が欲しいなどの希望があるのであればまずは治療を受けて欲しいと希望するのが良いでしょう。
そして、一人で悩ませるのではなく家族の問題として考えて一緒に乗り越えていく意思があることを伝えることで誠意が伝わりますので、治療を行うにあたっても前向きに検討することができるようになると言えるでしょう。

 

万が一治療を行うことを躊躇していたとしても、決して責めたりせかせるのではなく気持ちが動くまで寄り添ってあげるのが良いと言えます。

 

何よりも大切なのは、自分の一人の悩みとして抱え込まずに女性側がその苦しみを理解しともに歩んでいく姿勢です。

 

よりより夫婦生活を送るためにも、焦らずじっくりとED(勃起不全)と寄り添っていくのが良いと言えるでしょう。

 

バイアグラでEDを改善しようと思ったがこっちの方が良かった件