治療薬を使ってED(勃起不全)を治す

ED(勃起不全)は、高齢男性がなるイメージがあります。確かに、高齢になればなるほど血液や神経などの疾患が増えるので、それに伴って勃起が起きにくい状態になっていきます。しかし、ED(勃起不全)に悩んでいるのは日本人の25%とも言われていて、その中には20〜30代の若い男性も含まれています。人には相談しにくい内容なので、潜在的な人数はもっと増えるかもしれません。
そもそもED(勃起不全)とは、完全に勃起しない状態を指すのではなく、勃起しても途中で萎えてしまったり、勃起までに時間がかかる状態のことを言います。個人差があるので定義が難しいですが、性生活が満足に送れないようであれば、ED(勃起不全)と考えていいでしょう。ED(勃起不全)の原因は、生活習慣病などで血液がうまく回っていなかったり、神経が傷ついているために起こります。勃起というのは、海綿体に血液が入り込む必要がありますが、血液の流れる量が少なかったり、神経の働きがうまくいかないと勃起できなくなってしまいます。これらは体に原因がありますが、中には精神的な理由でED(勃起不全)になるケースや、肉体と精神の複合された理由で勃起しなくなってしまうこともあります。
これらのED(勃起不全)は、自分の努力だけでは改善が難しいです。そのため、クリニックではED(勃起不全)治療を行っています。医師が診察の上、状態を確認し治療薬を出すというのが一般的です。ED(勃起不全)の治療薬といえば、真っ先に思い浮かぶのがバイアグラですが、その他にもレビトラという薬とシアリスという薬が日本で認可を受けています。どの薬も、クリニックで医師に診察を受けてからでないともらうことができない処方薬です。恥ずかしいからと言って、通販などでは買うことができないので注意しましょう。中には個人輸入などで安く販売しているところもありますが、偽物の報告も多いので買わないようにしましょう。
ED(勃起不全)の治療薬を飲めば、すぐに勃起して性行為が何回もできると期待している男性は多いですが、そのような効果はありません。これらの薬の効果は、勃起のサポートであるため、飲んだだけで勃起することはなく、性的な刺激を受けて初めて勃起します。バイアグラとレビトラは飲んでから1時間ほどで効果があらわれ、シアリスはゆっくりと働く薬なので3時間ほどして効果が出てきます。効果の持続時間はバイアグラが5時間、レビトラが5〜10時間、シアリスは24〜36時間ほどです。食後すぐ飲むと吸収が悪くなってしまうので、食後2時間以上あいた空腹時に飲むと効果が高まります。
ED(勃起不全)の治療薬を飲むと、勃起状態が維持されやすい状態が続きますが、性的に興奮しなければ勃起はしないので、勃起し続けるということはありません。ED(勃起不全)は1人で悩んでも改善しません。医師に相談して、治療薬を使うことで満足な性生活を送ることができます。きちんと性行為ができたことが自信につながって、毎日の生活にもハリが出てきたという男性も少なくありません。

 

バイアグラでEDを改善しようと思ったがこっちの方が良かった件