ED治療の病院での流れ

現在日本において滞在的な患者数が1130万人にも上るというED(勃起不全)は、今や一般的な病気として認識されています。勃起障害や勃起不全と訳されるED(勃起不全)は、勃起しない状態や勃起状態を維持できず満足に性行為ができない状態を言います。また、性行為の満足度が低い場合が3ヶ月以上続くと診断されます。
日本人でも身近な症状となっているED(勃起不全)は加齢とともに有病率は増加し、40歳前半で20%を超えるとされ、50歳後半で40%、65歳以上となると60%を超えるほどです。
このED(勃起不全)の原因は主に、器質性、心因性、薬剤性が挙げられます。器質性は何らかの原因があってなった場合です。例えば動脈硬化によって血流が悪くなることや、脳から陰茎までの神経伝達系に異常があり興奮が伝わらない、前立腺の疾患やホルモン異常などが挙げられます。糖尿病、神経障害、前立腺がん、男性更年期障害も原因となります。
心因性は、性行為に対する緊張や不安などのストレス性、仕事の忙しさによる疲労などが挙げられます。また幼児期の体験や性行為の失敗など無意識に感じているトラウマが原因なこともあります。
薬剤が原因によるED(勃起不全)もあり、降圧剤や抗うつ病薬、睡眠薬などが挙げられます。当然これらの薬が原因であれば即刻中止や変更を行います。
しかしながら、自らに当てはめてみて怪しいと思いながらも、すぐに病院で診察し診療というのは抵抗があると思われます。ED(勃起不全)のセルフチェック版としてIIEF日本語版という、スクリーニングや治療の効果判定に使われているものがあります。成功賞などで不安や悩みを感じるようになったら、まずはこれを使いチェックしてみるとよいです。ただ、これはあくまでもセルフチェックですので、症状が決定したわけではなく目安とします。
もし病院でED治療を受けると考えるならば、ある程度の診療の流れを知っておくと、心理的にも不安は軽減されます。
まず医者からは初診の際には、適切な診断や治療をするために問診を行いますが、現在かかっている疾患や服用している薬について詳しく聞かれるケースが多いようです。
まず受付ですが、ここが看護師相手で男性にとっては恥ずかしい場面です。伝えられない場合は医者に直接相談したいと伝えればよいです。次に問診は問診票に記入を求められたり、現在の健康状態、治療中の疾患や服用中の薬について医者からチェックされます。そして検査、診断ですが、必要に応じて血圧、血液検査、心電図測定、尿検査などが行われる場合があります。問診と検査の結果からED治療薬を服用出来るか判断します。
そこでED治療薬が処方される場合、薬についての注意点を受けます。ED治療薬にはバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類があります。この3種類それぞれ特徴が異なり、個人差もありますので自身にあった薬を処方されます。
最後に注意が必要なのは、ED治療には健康保険が適用されないことです。診断、検査、薬剤などは自己負担になりますで、考慮する必要があります。

 

バイアグラでEDを改善しようと思ったがこっちの方が良かった件