ED治療薬が登場する前のED治療法とは?

成人男性の心身を苦しめる体調不良と言えば、やはりED(勃起不全)です。
性機能が失われると、男性としてのプライドが粉々に砕けてしまいます。
マスターベーションやセックス、そして子作り等の、成人男性の特権が全て一度に喪失します。
勃起力が喪失したからといって、同時に性欲が無くなるわけではありません。老化による男性機能の減退であれば、同時に性欲の方も喪失しますので、言わば前向きに体調の変化が受け止められます。

 

しかし、まだまだ男性として現役で頑張りたい20代から50代の間にED(勃起不全)を患ってしまうと、一気に不幸のどん底です。
性欲があるにも関わらず、パートナーの女性とセックスする事が出来なくなるため、生き地獄のような辛い日々が訪れます。
ただし、現在では幸いな事にED(勃起不全)に対する明確な医学的アプローチがあります。
ED治療薬と呼ばれるお薬を服用する事で、ほぼ完璧に近い確率で成人男性の悩みが解消されます。
ストレスでペニスが数ヶ月にわたり勃起する気配さえ見せなかった男性も治療薬を服用すれば、主成分の働きによって、僅か30分程度で男性機能の回復が進められます。
また女性にペニスを長時間ペッティングをしてもらう事で何とか勃起だけは可能な男性も治療薬を飲む事で、面倒な愛撫の時間を経る事なく、服用後速やかに元気な下半身へと自力で治せます。

 

ED治療薬が今ではED(勃起不全)の明確な治療法として確立されていますが、医薬品の登場以前は実に色々な方法がありましたが、特に広く浸透していたのはいわゆる食事療法です。
精力が蓄えられる料理を毎日食べて勃起力の回復を図るという治療法が存在しました。
マムシやニンニク、マカやトウガラシ、ゴーヤやスイカ、アンコウやフグやスッポン等、いかにも精力の回復に役立ちそうな食材を食べる事で、栄養学的なアプローチでED(勃起不全)からの脱却を図る作戦があり、一定程度の効果は出していました。
個人差が大きいものの、勃起力低下の原因が食生活や蓄積したストレスにあった場合は、そういった精力レシピを頻繁に食べれば、心身のケアが効率よく進められます。
新鮮な海産物や緑黄色野菜、そしてフルーツや根菜には男性機能に嬉しい栄養素がバランスよく配合されています。

 

また良質なタンパク質を含む食材を食べる事で精液の増産を促し、睾丸に多くの精液を貯蓄する事で陰茎の勃起力の回復を間接的に達成する、そんな効果も期待されていました。
ニンニクやマカ、ゴーヤなど少々癖がある食材ばかりで、食材費も高くなりますが、奥様が腕をふるうだけでED(勃起不全)のケアが図れたため、多くの家庭で採用されていました。
ただ、毎日精力レシピばかりでは男性が飽きてしまう、食費が高騰する、希少価値が高い食材が多いため長続きしない、また個人差が大きいため結果が出ない夫婦も多い等、食事療法にはいくつかのデメリットがありました。
そのため、現代では確実に高い効果が得られるED治療薬が主流の治療となり、多くの夫婦がそれによって幸せな性生活を実感なさっています。

 

バイアグラでEDを改善しようと思ったがこっちの方が良かった件