バイアグラの効果は?

バイアグラの効果は基本的にED症状の改善であると考えて差し支えありません。
しかし服用した瞬間にEDの原因が改善するというわけではなく、あくまでも対症療法としての効果であるということは注意が必要です。
では具体的にバイアグラにはどういった効果があるのかというと、これは血管拡張作用が挙げられます。
まずそもそもどうして男性器が勃起するのかについてですが、根本にあるのは陰茎海綿体への血液の流入です。
スポンジのように血液を吸って蓄積する陰茎海綿体に血液が送り込まれることによって陰茎が硬化する、つまり勃起が得られることになるのですが、この勃起の際にはcGMPと呼ばれる血管拡張物質があります。
この血管拡張物質が発生すると勃起をするわけですが、しかしこのcGMPが放出されたまま放置されてしまうと陰茎は常に勃起した状態が維持されてしまいますから、どうにかして不要になった際にcGMPを破壊する必要が出てきます。
そこで不要になったcGMPを破壊するのがPDE5と呼ばれる酵素なのですが、バイアグラはこの酵素の働きを阻害してcGMPの破壊を防ぐ効果があるのです。
PDE5の働きが鈍ってcGMPが破壊されにくい状態が作られれば体の仕組みとして勃起状態が解除されづらくなり、これによってバイアグラはED症状の緩和を行っているわけです。
このcGMPの分泌は加齢によって、またストレスなどの外的要因によって衰えることがあり、それによってEDが生じるというケースは少なくありません。
しかしこのバイアグラの効果があれば通常よりも少ないcGMPの分泌であったとしても分泌された分を長く使うことが可能になり、それによって長時間の勃起が可能になっています。
さて、しかしながらこの血管拡張作用は陰茎に飲み効果があるわけではないというのは注意が必要なポイントです。
人の体では常に大量の血液が巡っているわけですが、この血管拡張作用が全身に作用した場合、人によっては副作用が強く出てしまうことがあります。
例えば顔の火照りや頭痛といった副作用はよく見受けられる存在であり、体質によってはこうした副作用が強く出て性行為に支障が出るケースもあります。
よってもし服用してそうした副作用が強く出てしまったということになったのであれば、医師に相談して対処法を教えてもらうようにしましょう。
尤も、副作用の出方は人によって異なるうえに性行為が出来ないほど強い副作用に悩まされるというケースはかなり稀ですが、可能性としてはあるために注意が必要です。
ちなみにバイアグラはニトログリセリンのような薬を服用している人には処方してはいけないという決まりになっていますが、これも血管拡張作用が関係しています。

ニトログリセリンなどの薬は強力な血管拡張作用によって狭心症発作などの改善を行っており、血管拡張作用が二つの薬によって引き起こされると血圧が下がりすぎて生命維持が出来なくなることがあるのです。
ただ単に副作用が強く出るどころの話ではありませんから、もしそうした薬を服用しているのであれば処方前に医師に必ず伝えるようにしてください。

 

バイアグラでEDを改善しようと思ったがこっちの方が良かった件