レビトラとは?

バイアグラは世界初のED治療薬として登場した有名な薬で、有効成分としてクエン酸シルデナフィルを含有します。続いて登場した第2のED治療薬がレビトラで、主成分はバルデナフィルです。
クエン酸シルデナフィルとバルデナフィルは、ともに医薬品のカテゴリとしてはPDE5型酵素阻害薬にあたります。阻害薬なので、PDE5型酵素の働きをブロックするのがクエン酸シルデナフィル・バルデナフィルの働きです。
PDE5型酵素阻害薬の効能について知るためには、まずは勃起現象について理解しておく必要があります。
男性に性的な興奮が起きると、体内で一酸化窒素の放出が見られます。一酸化窒素が放出されると、性器の細胞内に血管拡張物質が多量に発生します。この血管拡張物質が陰茎の中にある動脈の血管を拡張させて血流量がアップすることで起きるのが勃起現象です。
逆に、勃起が終わる時にはPDE5型酵素という酵素が作用します。PDE5型酵素は元から体内にある酵素の一種で、性的興奮で生成される血管拡張物質を壊す酵素です。血管拡張物質が破壊されると、陰茎血管が弛緩して勃起は終わります。クエン酸シルデナフィル・バルデナフィルは、PDE5型酵素の作用を邪魔して血管拡張物質の減少を防いで血管の拡張と血流量を維持して勃起の継続を助けます。これが、ED治療薬としてのバイアグラとレビトラの効果・効能です。
このふたつのED治療薬の有効成分、クエン酸シルデナフィルとバルデナフィルを比較すると、バルデナフィルには水に大変溶けやすく血中で最高濃度に達する時間がクエン酸シルデナフィルよりも短いという特徴があります。この特徴により、薬の名前がラテン語とフランス語で男性の命の灯という意味を持つレビトラには、バイアグラに比べて即効性があります。
バイアグラもレビトラも、医薬品であって媚薬などとは根本的に異なります。男性の勃起のメカニズムに沿い、性的な興奮に伴って大量に発生した血管拡張物質を壊すPDE5型酵素の働きをブロックすることで勃起の継続を助けるので、ED治療薬として使用したからと言っても薬の効果が持続する間ずっと勃起するわけではありません。性的に刺激を受けた時にだけ性行為を続けるのに十分な勃起を維持するのがクエン酸シルデナフィルとバルデナフィルの効能だからです。
またバイアグラもレビトラも、その有効成分による血管拡張作用により勃起を維持・継続するED治療薬です。その作用により、副作用として血流の増加と血圧の低下が起こる可能性があります。よって、高血圧の治療目的で降圧剤を使用している人が使用すると血圧が下がり過ぎる危険があり、併用は禁忌とされています。
降圧剤以外にも、血管拡張作用のある医薬品とクエン酸シルデナフイル・バルデナフィルとの併用は禁忌事項になっています。特に、血管拡張作用で狭心症など循環器系の疾患を治療するニトログリセリンをはじめとした硝酸系の薬剤とバイアグラ・レビトラとの併用は、生命に危険があるほどの血圧の急降下につながる危険がありますから厳禁です。

 

バイアグラでEDを改善しようと思ったがこっちの方が良かった件