レビトラの効果は?

有名なバイアグラに続いて誕生したレビトラは、有効成分としてバルデナフィルを含有する第2のED治療薬です。バルデナフイルは、PDE5型酵素阻害薬というカテゴリの医薬品です。
バルデナフィルの効果は、服用することでPDE5型酵素の働きを阻害つまりブロックするところにあります。PDE5酵素は、勃起現象を終息に導く体内酵素の一種です。勃起が起きる時には、性的な興奮に伴い一酸化窒素が放出され、続いて陰茎の細胞内に血管拡張物質が大量生成されます。血管拡張物質の発生により、陰茎内の動脈血管が拡張してそこに大量の血液が流れ込むと勃起が起きます。
PDE5型酵素は、勃起が起きるために必要な血管拡張物質を破壊する酵素です。PDE5型酵素によって血管拡張物質が壊されると、陰茎内の血管が弛緩して勃起は終わります。このPDE5型酵素の作用を遮ることで血管拡張物質が減るのを防ぎ、血管の拡張を維持して勃起を継続させるのがED治療薬としてのレビトラの効果です。
しかし、バルデナフィルは医薬品であり精力剤の類とは異なるので、服用したからといっても薬効が持続する間ずっと性的興奮とは無関係に勃起状態が続くことはありません。男性が勃起するメカニズムに沿ってPDE5型酵素の作用をブロックするように開発されているので、あくまで性的に興奮したり刺激を開けたことで起こった勃起を維持継続するものです。
世界で初めて登場したED治療薬であるバイアグラ有効成分はクエン酸シルデナフィルで、レビトラの主成分のバルデナフイルと同じくPDE5型酵素阻害薬です。しかし、バルデナフィルには水に溶けやすいという特徴があります。この特徴により、血中で最高濃度に達するまでの時間が短く、服用してから効果が現れるまでの時間が短く即効性があるのがバルデナフィルの特徴です。レビトラという薬名はフランス語とラテン語で男性の生命の灯という意味を持っていて、服用するとすぐに灯がつくように効果が現れるという特徴を表すものでもあります。
ここで、どんな医薬品についても同様ですが、薬として使用する以上は副作用の症状や使用にあたっての禁忌事項について 正しく知っておかなくてはなりません。
レビトラを服用することによるED症状の治療効果は、有効成分バルデナフィルの持つ血管拡張作用にあります。血管を拡張することで血流がよくなりますから、バルデナフィルには血圧効果作用もあります。そのため、高血圧の治療のために降圧剤を使用している方が服用すると両方の薬の作用で血圧が大幅に低下する可能性があり禁忌とされています。降圧剤の他にも、血管拡張作用で狭心症など循環器系の疾患を治療する硝酸剤系の医薬品とレビトラとの併用は、生命に危険があるほどの血圧の大幅かつ急激な降下をもたらすことが考えられるために禁忌です。
また、バルデナフィルの血管拡張作用に由来して、使用する方には高い割合で顔面の紅潮や動悸、軽微な頭痛などの副作用症状が現れます。

 

バイアグラでEDを改善しようと思ったがこっちの方が良かった件