シアリスの副作用は?

若い頃のような勃起が出来なくなったので、もう昔のような性行為を楽しめないかも知れないとお悩みの方は、シアリスのようなED治療薬を利用することをおすすめします。
シアリスの有効成分はタダラフィルで、服用後24時間〜36時間ものあいだ効果が続くため、5時間程度しか効果が続かないバイアグラよりも持続時間が長いのが特徴です。
世界でトップシェアとなっているのもこれが理由なので、週末をパートナーと長い時間過ごしたい方は利用するようにしましょう。

 

シアリスは医薬品なので、人によっては副作用がありますから、手に入れたときはまず最初に添付文書をよく読み、内容を理解してから服用する必要があります。
国内でのデータによると、承認時までに総症例257例中70例、27.2%に副作用が認められています。
症状で一番多いのは頭痛で、次に赤ら顔、ほてり、消化不良と続きますが、これらの副作用はバイアグラやレビトラよりも少ないので、シアリスの方が利用しやすいという人が少なくありません。
他にも目の充血や動悸、鼻づまりなども起こることがありますし、症状が重い、軽いなどの個人差もありますが、基本的には一時的なものなので、薬の効き目とともに治まる場合がほとんどです。
ただごくしまれに重大な副作用が起こることがあるので、その場合はただちに病院へ行って、治療を受けるようにしてください。
発疹や蕁麻疹を始め、剥脱性皮膚炎、顔面浮腫、Stevens-Johnson 症候群等の過敏症が、ごくわずかではあるものの報告されているので、もしこれらの症状が起こったら、すぐに投与を中止しなければなりません。
またシアリスを服用したためとは言い切れないものの、国外では視力低下や視力喪失の可能性がある、非動脈炎性前部虚血性視神経症(NAION)を発症した人もいます。
他にも痙攣作用が起こったり、いきまり聴力が低下したり、突発性難聴を起こした人もあるといわれているので、注意が必要です。
これらの重大な副作用はめったなことでは起こりませんが、油断するのは危険なので、シアリスを服用後に何らかの体の異常を感じたら、すぐにお医者さんに診てもらうようにしてください。
スピーディーに適切な処置をしてもらえば、それ以上の悪化を防げるので、大したことはないだろうと思わないことが大切です。

 

副作用については添付文書に書かれてあるので、個人輸入代行通販で手に入れた場合は、よく読んでから利用するようにしましょう。
病院で処方してもらうと、医師や薬剤師から詳しい説明を受けられますが、個人輸入代行通販の場合はそうではないので、自己責任で利用しなければなりません。
添付文書に書かれていることを守って服用すれば、安全に使えるので、必ず読むようにしたいですね。
それに個人輸入代行通販といっても色々あるので、必ず本物の薬を送ってくれるところを利用するようにしてください。
中には偽薬を売っているところもあるので、口コミの評判の良いサイトに絞って申し込むことをおすすめします。

 

バイアグラでEDを改善しようと思ったがこっちの方が良かった件