シルデナフィルとは?

世界初のED治療薬として登場したバイアグラの有効成分は、PDE5型酵素阻害薬のクエン酸シルデナフィルです。PDE5型酵素阻害薬としての効果・効能を理解するためには、最初に男性に勃起が起きるメカニズムについて知っておく必要があります。
男性が性的に刺激を受けて興奮すると、体内に一酸化窒素が放出されます。するとこの一酸化窒素に誘発される形で、性器の細胞の中に血管拡張物質が大量に生成されます。この血管拡張物質が陰茎の中を通る動脈血管を拡張して圧を高め、血流量も増加することによって勃起現象が起こります。
一方、勃起が終わる時に作用するのが体内に元々ある酵素のPDE5型酵素です。PDE5型酵素は、勃起を成立させた血管拡張物質を破壊する作用を持つ酵素です。PDE5型酵素が働くと血管拡張物質がなくなって陰茎内の動脈血管は弛緩し、勃起が終わります。
バイアグラの有効成分であるクエン酸シルデナフィルは、PDE5型酵素阻害薬としてこの酵素の作用をブロックします。PDE5型酵素が働かないと性器の細胞内の血管拡張物質が減らないので陰茎内の血管の拡張と血流が維持され、勃起が持続します。これが、ED治療薬バイアグラの有効成分クエン酸シルデナフィルの効果・効能です。
クエン酸シルデナフィルは、食事や飲酒をすることで薬の効果が影響を受けやすいという特徴を持っています。よって、バイアグラを服用するタイミングとしては空腹時が適しています。
ここで、バイアグラは医薬品であり媚薬や性力剤の類とは全く異なるものです。有効成分のクエン酸シルデナフィルは男性の勃起現象のメカニズムに沿った効果・効能を備えて開発されています。男性に性的興奮があって一酸化窒素の放出、さらに血管拡張物質が生成されるというプロセスを経た時に、血管拡張物質を破壊する体内酵素のPDE5型酵素の作用を遮って勃起の維持と継続を助けます。よって、服用したからといっても性的な興奮や刺激と無関係に薬の効果が持続している間中ずっと勃起が続くという心配はありません。性的に刺激を受けた時に、性行為を行うに十分な勃起状態を維持するための医薬品だからです。
ここで、どんな医薬品についても言えることとして、副作用や使用上の注意事項、特に禁忌とされる事柄について正しく理解することがその薬を安全に使い、また効果を最大限に得るために大切です。
クエン酸シルデナフィルには、体内酵素のPDE5型酵素を阻害することによって血管拡張を維持・継続する効能があります。その血管拡張作用により、血流がよくなり血圧の低下をもたらす可能性があります。そのため、高血圧の治療の目的で降圧剤を使用している人が使用すると血圧が下がり過ぎる可能性があり併用は禁忌です。同様に、ニトログリセリンに代表される血管拡張作用のある循環器系の治療薬との併用も、血圧の急激かつ大幅な低下が考えられるため併用は厳禁です。
またバイアグラを使用すると、多くの方に血管拡張による顔面のほてりや熱感、動悸、軽い頭痛などの副作用症状が見られます。

 

バイアグラでEDを改善しようと思ったがこっちの方が良かった件